TOEFL・IELTSについて

TOEFL iBTとは
TOEFLとはTest of English as a foreign a Language の略です。英語を母語にしない人々を対象に北米の大学(院)出願時の語学力証明のために1964年に開発されました。現在では北米以外は無論、日本国内の大学(院)進学用としても使われています。iBTとはInternet-Based Test の略です。

【作成団体】
アメリカの非営利テスト開発団体であるETS(Educational Testing Service)によるものです。他にはSAT(全米大学入学共通試験)、大学院入学向けのテストGREも手掛けています。

【出題内容】
「読む、聞く、話す、書く」の4技能全てを測定します。他のテストでは簡略化されていたり、全く含まれていないスピーキング、ライティングも含み、スコア配分は4技能均等になっています。各セクション30点、合計120点となります。大学で学ぶアカデミックな内容を多く含みます。
実施時間は3時間半~4時間となり、語学テストとしては最長の長さの部類に属します。

■リーディング
・実施時間:60~80分  ・パッセ-ジ数:3~4  ・語数:1パッセージにつき約700語
・パッセージに伴う設問数:13~14問  ・出題内容:アカデミック関連のみ

■リスニング
・実施時間:60~90分  ・セット数:2~3
・1セットの内訳:長めの会話1つ + アカデミックレクチャー 2つ
・音声の長さ:長めの会話約3分   アカデミックレクチャー 4~6分
・音声に伴う設問数:長めの会話1つにつき5問 アカデミックレクチャー 1つにつき6問
・出題内容:キャンパス関連、アカデミック関連

■スピーキング
・実施時間:20分  ・設問数:6問
・解答手順:1&2問目:身近なトピックに関し自分の意見・経験を基に解答
3&4問目(キャンパス関連/アカデミック関連):パッセージを読む(45秒~
50秒)→関連した会話・レクチャーを聞く(1分~1分半)→内容を
要約する
5&6問目(キャンパス関連/アカデミック関連):会話・レクチャーを聞く
(1分~2分)→一部意見を入れながら内容を要約する
・時間設定:1&2問目:準備時間15秒 解答時間45秒
3&4問目:準備時間30秒 解答時間60秒
5&6問目:準備時間20秒 解答時間60秒

■ライティング
・実施時間:55分  ・設問数:2問
・解答手順:1問目:アカデミックなパッセージを読む(3分)→関連したレクチャーを聞く
(約2分)→内容を要約する
2問目:身近なトピックに関し自分の意見・経験を基に解答
・時間設定:1問目:解答時間20分
2問目:解答時間30分

【留学目標スコア】
学校ごとに要求されるスコアは異なるので、正確なスコアは各団体のサイトにて確認が必要ですが、大まかな目安は以下の通りです。

一般大学  60~80点
難関大学・一般大学院 80~100点
難関大学院 100~110点

【実施方法】
PCを使用し行われます。スピーキング・ライティングの解答内容は保存され、後日採点されます。

【登録方法】
アメリカのETSサイトにて自分専用のアカウント(My Home Page)を作成し、そこで申し込みを行うのが一般的です。支払いはクレジットカードが一般的です。
登録方法に関しては日本おけるテスト実施団体である「プロメトリック」のサイトをご覧ください。

【実施スケジュール】
土日を中心に毎月2~5日程度行われます。時間は朝10時開始です。年間スケジュールは毎年発表になりますが、実際に申し込み開始が可能になるのは約5~6か月後実施分までとなります。実施予定日となっていても残席がない日程は申し込み画面には表示されなくなります。

【受験料】
受験日の7日前(中6日)までは235ドル(2016年12月現在)。それ以降は4日前(中3日)まで申し込み可能ですが、追加の40ドルが発生します。4日前(中3日)までは日程・会場の変更が可能ですが、60ドルが追加となります。

【身分証】
1点のみでOKとなるパスポートをお勧めします。それ以外の運転免許証・学生証には追加の証明書が必要となります。
身分証に関しては日本おけるテスト実施団体である「プロメトリック」のサイトをご覧ください。

【スコア判定】
多くの場合、受験日の約10日後に自分専用のアカウント(My Home Page)で確認が可能です。遅くともテスト実施日の前日午後10時までに設定をしてくと、約1か月後には紙のスコアレポートが1通郵送されます。
※上記の内容はテスト作成・実施団体により予告なく変更されることがあります。

IELTSとは
IELTSとはInternational English Language Testing Systemの略で、海外留学、研修、移住を希望する人々向けの語学力証明テストです。イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドにて広く認められており、アメリカでも導入する学校が増加傾向にあります。テストのタイプは移住希望者向けのGeneral Training Moduleもありますが、こちらでは留学向けのAcademic Moduleをご紹介します。

【実施団体】
ブリティッシュ・カウンシル、ケンブリッジ大学英語検定機構、オーストラリアIDPエデュケーションの3者により運営をされています。日本では2010年より英語検定協会(英検)が実施をしていましたが、2016年には東京では一般財団法人日本スタディ・アブロード・ファンデーション(JSAF)も実施を開始しています。テストの内容・料金に関しては実施団体により異なることは全くありません。

【出題内容】
「読む、聞く、話す、書く」の4技能全てを測定します。他のテストでは簡略化されていたり、全く含まれていないスピーキング、ライティングも含み、スコア配分は4技能均等になっています。各セクションで1から9点までを0.5ポイントのバンド・スコアが出され、最終的に4セクションを平均したオーバーオール・バンド・スコアとなります。
実施時間は約3時間となります。

■リスニング
・実施時間:30分 セクション終了後、解答用紙に答えを書き込む時間が別途10分与えられます。
・セクション数:4 ・各音声に伴う設問数:4セクション合計で40問
・第1セクション:日常生活に関する2人の会話(例:仕事の募集)
第2セクション:日常生活に関する1人のアナウンスメント(例:自然公園のツアー) 第3セクション:学校における最大4人の会話(例:レポートの書き方の相談)
第4セクション:学術的なレクチャー(例:環境にやさしい建築技術)
・音声の長さ:各6~7分

■リーディング
・実施時間:60分  ・パッセ-ジ数:3  ・語数:3パッセージ合計で約2150~2750語
・パッセージに伴う設問数:3パッセージ合計で40問 ・出題内容:アカデミック関連のみ

■スピーキング
・実施時間:11~14分  ・セクション数:合計3セクション
・解答手順:第1セクション:自己紹介&身近なトピックに関し自分の意見・経験を基に解答
第2セクション:紙に記載のトピックに関し、制限時間1分の準備の後、最大2分で解答
第3セクション:第2セクションのトピックに関し聞かれる追加の質問に解答

・時間設定:第1セクション:4~5分 第2セクション:3~4分 第3セクション:4~5分

■ライティング
・実施時間:60分  ・設問数:2問
・解答手順:1問目:グラフ、チャート、表のみで表示された情報を自分の言葉で説明
2問目:ある意見、問題に関し自分の意見を基に解答
・時間設定:1問目:解答時間20分
2問目:解答時間40分

【留学目標スコア】
学校ごとに要求されるスコアは異なるので、正確なスコアは各団体のサイトにて確認が必要ですが、大まかな目安は以下の通りです。

一般大学 5.5~6.0
難関大学・一般大学院 6.5~7.5点
難関大学院 7.5~8.0点

【実施方法】
ライティングも含め、鉛筆で解答用紙に記入します。スピーキングは面接官との1対1の対面形式です。

【登録方法】
オンライン上で自分専用のアカウントを作成し、そこで申し込みを行うのが一般的です。支払いは
英検実施分:クレジットカードが一般的
JSAF:クレジットカード、コンビニ端末払いの2種
となります。

登録方法に関しては以下の各実施団体のサイトをご覧ください。
・英検: http://www.eiken.or.jp/ielts/apply/
・JSAF: http://www.jsaf-ieltsjapan.com/?p=431

【実施スケジュール】
英検実施分:土日を中心に毎月最大3日程度(東京の場合)行われます。4セクションを1日で行う 「1day」は土曜日に、スピーキングのみを別途行う「2 days」はスピーキングを日曜、その他の3セクションを前日の土曜実施となります。
JSAF実施分:「1day」形式で土曜に実施となります。

時間は朝9時より受験に関する説明が開始されますが、会場には遅くとも20分程度前には到着し、手続きを完了している必要があります。又、開始時間は会場により若干前後する場合があります。

【受験料】
25,380円

【身分証】
パスポートのみが唯一認められる証明証です。当日の持参は必須ですが、受験日以前に以下の対応が必要です。
・英検実施分:申し込み完了後、パスポートのコピーを英検へ郵送
・JSAF実施分:申し込みと同時にパスポートの画像をオンライン上にて登録

【バンド(スコア)判定】
受験日の13日後(2daysの場合はスピーキング以外の3セクション実施日の13日後)に自分専用のアカウント上で確認が可能です。後日、紙の成績証明書が自宅に郵送されます。

※上記の内容、特に登録手続き関連はテスト作成・実施団体により予告なく変更されることがしばしあります。最新の情報に関しては各実施団体サイトにてご確認ください。

TOEFL IBT(国際教育交換協議会):
http://www.cieej.or.jp/toefl/toefl/format.html
IELTS(英検):
http://www.eiken.or.jp/ielts/test/