• ホーム
  • 【高校生〜海外大学留学・国内トップ大学受験生】TOEFL・IELTSコース

【高校生〜海外大学留学・国内トップ大学受験生】TOEFL・IELTSコース

海外大学/大学院・国内トップ大学を目指す方のためのコース

「海外留学をしてみたい」ーそんな思いを持っていらっしゃるみなさま。まずは、留学に必要不可欠なTOEFLやIELTSの対策からはじめましょう。

また、国内トップ大学を目指しているみなさん。大学英語入試は、2020年に向けて大きく変化しているのをご存知ですか?一定以上のTOEFLやIELTSなどのスコアがあれば、満点扱いになる大学もあるのです(この2つのテストの詳細は、ページ下部にあります)。

プレオープンのご案内】

2017年4-6月に、TOEFL/IELTSプレオープンコースを開講いたします。「難しそうなテストだから数か月のコースを受講してもついていけるか自信がない…」といった方にもお勧めの「お試しクラス」です。秋の長期コース開講前のみの低料金の限定プランですので、ぜひこの機会をご活用ください。

【担当講師】西部 有司

対象者】

これまでにTOEFL iBT, IELTSを受験したことがない方、どちらのテストを受験するのか未定の方にもご受講いただける「初心者向け」として実施します。なお、当コースは記載の語学レベルの一般のテスト受験者向けとなります。

【受講者レベルの目安】 英検2級~、TOEFL iBT50点台前半~、IELTS5.0~

(※ご自身の英語レベルに関してご不明、ご不安のある方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください)。

■気軽に受講可能な長さ

1クラス:2時間で2技能を扱い、計2クラス:4時間で両テストの4技能分の概要・解答法のポイントをご紹介します。

■TOEFL iBT/IELSTの共通点&違いのご紹介

試験で実際に出題されるタイプの問題を使いながら行いますので、「テストのイメージ」をつかんでいただくのに適しています。

リスニング・リーディング:
音声再生後/文章読解後に解答することになる質問/選択肢のタイプが両テストでは異なります。タイプの違いの代表例と対応法をご紹介します。

スピーキング・ライティング:
複数ある問題タイプの内、「自分の意見を出す」タイプに的をしぼり、「望ましい解答のフォーマット」や「論理的な意見の出し方」に関しご説明します。

■スケジュール

4月期:①4月9日  (日)14:00~16:00 ②4月26日(水)18:00~20:00
5月期:①5月14日(日)14:00~16:00 

【4月期、5月期①は、お申込みを締め切りました】
5月期 : ②5月24日(水)18:00~20:00 お申込み締切:5月17日(水)
6月期:①6月11日(日)14:00~16:00 お申込み締切:6月4日(日)
6月期:②6月28日(水)18:00~20:00 お申込み締切:6月21日(水)
※紹介内容は毎学期同じですが、使用教材は交換いたします。どこか1つの期だけ受講頂いても良いですし、全期受講頂くこともできます。

【会場】プリムスアカデミー高輪台本校(アクセスはこちら)

【受講料金】【受講料金】各回5,000円 (例: 4月期①②受講の場合は10,000円、4-6月全期受講の場合は割引あり)
開講記念キャンペーン実施中
各回3,800円(3回受講で10,000円、6回(全レッスン受講)で20,000円)

お申し込みは、お問い合わせフォームよりお願いいたします。

■TOEFL/IELTSとは
「ノンネイティブスピーカーが欧米の大学(院)留学をするために必要な語学力の測定向けテスト」であり、日本で受験が可能な多くある英語テストの中でも海外大学(院)留学向けとして使えるものはほぼこの2つです。

テストの特徴は、
1.出題内容に学術的なものが多い (例:天文/地質/物理/古代文明など)
2.四技能(読む、聞く、話す、書く)に均等にスコア配分し能力を計測する
となります。

さらに詳しく知りたい方は、⇒TOEFL・IELTSとは?

■国内トップ大学受験にも使えます

2020年度からの大学入試改革に伴い、従来の大学入試試験ではほとんど扱われていなかった「書く・話す」の能力を測定するための民間の英語テストの活用が確実視されています。
文部科学省により現時点で活用の対象と認定されている計9の英語テストの中から、各大学が独自に選定をする予定です。
しかし、実際には20年度を前にこれら英語テストを活用し、規定のスコア(級)をとれば学校独自の英語の入試試験を免除する大学の数も増加傾向にあります。
TOEFL iBT, IELTSは上記9のテストの中に含まれていますので、国内大学進学向けの英語力証明としても活用ができます。
更に、国内大学にて実施されている海外協定校との交換留学プログラム(数か月~1年)の際の語学力証明として必要になるのもTOEFL iBT, IELTSであるケースが圧倒的に多くなっています。
つまり、海外留学・国内大学進学・交換留学の3つの目的に使えるテストなのです。

出典元: Yahoo!Japanニュース2017/03/07

◼️TOEFL iBT, IELTS を活用している国内学校のリスト

(英語4技能 資格・検定試験懇談会 サイト)
http://4skills.jp/selection/case_admission.html

詳細は、お問い合わせフォームよりお問い合わせくださいませ。
⇒お問い合わせフォーム